真空



真空とは何であるのか


真空とは


よく聞く言葉に真空というものがあります。言葉そのものは理解できますが、具体的にどのようなものなのかは案外知らないものです。

それで真空とは時代や学問によって定義が変わりますけど、いま一般的にいわれる定義だと大気圧以下の状態を指します。本来であれば真空とは完全に何もない空間を指すのですが、それは理想的すぎるので実用性がなく普通に使う時は便宜的な考え方で対処します。

真空は工業などでよく使われ真空ポンプが有名です。



真空の単位


そして真空はパスカルという圧力の単位で表され、その数値が高いほど真空度が高いことになります。また工業的に使われるものは大気圧との比較ではなく、周囲との気圧差を表すものもあります。その場合は周囲の機器との気圧差になるので、同じ単位なのに違う意味を持つので注意がいります。

真空の用途は広く電子回路を作ったり食品の保存などにも使われます。真空状態だと不純物が少なくなるので、物を作る時に便利ですから真空にして作業をすることが多いです。



身近な真空


また食品などのが腐るのは大気と触れることが原因なので、食品の長期保存のために真空が使われることも多いです。よく真空パックのレトルト食品がありますが、ああいう物も真空を使った製品です。

身近な例でいえば電球も真空を利用したもので、反応性の低い真空状態で発熱させ長期的に発光させているものです。

真空は多種多様な使われ方をしていて日常的に接することの多いものです。しかし食品や工業製品で盛んに使われている割には、案外知られていない技術です。



真空蒸着装置のクラフト


自動車産業を中心に、多くの納入実績を誇るクラフト。
真空蒸着装置の事なら何でもご相談ください!